円高の今がFX取引にとって最高の時期って本当!?

外為投資攻略に関心を持っている人がインターネットサイトで最近目にする事が多いのが「今の超円高はFX取引で利益を得る最高の機会」この機会にFX取引を始めれば利益を得る確率が高いという広告です。過去の歴史を振り返っても現在の為替レートは、過去に類を見ない水準の円高、つまりは超円高という状態にあります。しかし、超円高だからと言ってFX取引で利益を得る最高の機会に恵まれているというのは少し短絡的過ぎると思う所がありませんか?

iiifFX取引の特徴は、通貨の買と売りの両方の取引が出来ると点です。これは、FX取引の大きなメリットであり為替の状態、ドル円レートが円安傾向ならば買いを逆に円高傾向にあるなら売りをと状況に合わせた取引を行えば利益を得る事が出来ます。相場に応じた最適の取引が行えるのがFX取引の魅力になっています。入金方法が多数用意されているHighlow.netでは、常にアップデートされた経済情報をユーザーに提供しており、戦略を立てる手助けとなっているようです。

これを踏まえて客観的に考えると”円高だからFX取引にとって最高の状態”というのは語弊があることに気が付くと思います。先に述べたようにFX外資取引は、為替レートつまりは相場の状態に応じた取引が出来る点が大きな利点です。円高の相場ならば売りを円安なら買いの取引を行えば良いのです。この原理原則は、為替相場がどのように変化しても不変です。つまりは、FXは相場に応じた取引が出来ることから為替相場が如何な状態にあっても利益を狙える投資法だと言えます。ただし、円高によって享受できる利益が一つあります。それは、高金利通貨を対象として行うクロス円取引です。

ここまでの話との矛盾があるようですが、その理由について説明してみましょう。

為替差益による利益を目指す通常のFX取引の場合は、相場の状況がどうあれ稼ぐ機会が得られます。しかし、クロス円取引ではスワップ運用による利益の獲得を目指すことになります。具体的には円高の時にポジションを作り円安になった時期を見て決済を行えば利益が得られます。ですからFXアマチュアでありましてもスワップ運用によって利益を確保したい向きには円高の状況にある今が絶好のチャンスと言えなくもありません。しかし、為替相場に絶対は無く今、円高にあるからと言って将来円安になるとは限りません。スワップ運用による利益に絶対はないのです。今の相場の動向を読み取って取引を行うことが肝要です。